現物取引と信用取引

株の取引には現物取引信用取引があります。

現物取引は口座開設後普通に株を買う場合の取引方法です。
現物取引」で可能なのは、株式を買うこと(現金を支払って、株式を受取る)と、株式を売ること(株式を渡して、現金を受取る)です。
現物取引」で売却益を得るには、「安く買って、高く売る」しかありません。
30万円の現金を持っていたら30万円しか投資出来ません。自分の保有する現金の範囲内で取引を行う必要があります。
ただ現物取引の場合は損失が出ても投資金額が0になるだけで投資金額以上の損失が出ることはないので安心です。

信用取引は、証券会社が「現金」または「株式」を貸すことによって、成立する取引です。お客様を信用して、「現金」または「株式」を貸すので、「信用取引」といいます。
信用取引を行うには、証券会社に通常の口座開設を行った上で、信用口座を別に開設する必要があります。
「信用買い」の場合は証券会社から現金を借りて担保にした現金の3倍まで買うことができます。
信用取引では証券会社から株式を借りて売る「信用売り」をすることができ、下落トレンドの時も「信用売り」で先に売ることにより利益を狙うことができます。
信用取引は現金を担保にして3倍まで投資することができますが、現金以上の損失を出してしまうことがある為、注意が必要です。また信用口座を別途開設する必要があり、証券会社の審査があるので、誰でも「信用取引」が出来るわけではありません。
信用取引はその他、金利や手数料も発生するのできちんとしたリスク管理が必要です。



ブログランキングに参加しています。


スポンサーサイト

tag : 現物取引 信用取引




プロフィール


日々の株取引を綴っているブログです。

自分の予算と無理のない範囲で優待をもらって毎日少しでも楽しく過ごしたいなと思っています。

株価&為替ボード
7月末権利付最終日は7月26日(水)です。
月別アーカイブ
アクセス数
ブログ村ランキング
最新コメント
カード申し込み&使えばポイントもらえます。
楽天で買えばポイント貯まります
外為ジャパン口座開設キャンペーン中
DMM FXは国内口座数第1位
楽天モバイル エントリーとお申込で、ご契約中楽天市場でのポイントが、ずーっと2倍
お名前.com
ドメイン取得なら30円から
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

【免責事項】
投資判断は、必ず御自身の自己責任でお願い致します。
当ブログ内に記載した内容については、正確さを保証するものではなく、また投資を促すものではありません。
当ブログ内の情報によって生じた損害については一切の責任を負いませんので予めご了承願います。