特定口座と一般口座の違い

株取引をする際、証券会社に口座を開設し特定口座一般口座のどちらかを選択しますが、
2つの違いをまとめてみました。

1年間の取引記録を個人に代わって証券会社が計算してくれるものです。
源泉徴収あり・・・証券会社が納税まで代行してくれます。
株を売却した際に課税される譲渡益税は売却時に引かれる為、確定申告の必要はありません。
源泉徴収なし・・・証券会社が年間取引報告書で税額を計算してくれます。
それをもとに自分で確定申告が必要です。

「あり」か「なし」かは複数の証券会社で取引をした場合に実際の税金より多く取られてしまうことがあり、その場合は確定申告をすると税金が戻ることがある為、「なし」を選択した方が良いようです。確定申告が面倒な方は「あり」を選択すると良いでしょう。

申告の際は1年間の取引記録を自分で計算します。
短期売買が多いと計算が大変な為、面倒な場合は特定口座を選択した方が良いでしょう。

ブログランキングに参加しています。


スポンサーサイト

tag : 特定口座 一般口座 源泉徴収




プロフィール


日々の株取引を綴っているブログです。

自分の予算と無理のない範囲で優待をもらって毎日少しでも楽しく過ごしたいなと思っています。

株価&為替ボード
7月末権利付最終日は7月26日(水)です。
月別アーカイブ
アクセス数
ブログ村ランキング
最新コメント
カード申し込み&使えばポイントもらえます。
楽天で買えばポイント貯まります
外為ジャパン口座開設キャンペーン中
DMM FXは国内口座数第1位
楽天モバイル エントリーとお申込で、ご契約中楽天市場でのポイントが、ずーっと2倍
お名前.com
ドメイン取得なら30円から
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

【免責事項】
投資判断は、必ず御自身の自己責任でお願い致します。
当ブログ内に記載した内容については、正確さを保証するものではなく、また投資を促すものではありません。
当ブログ内の情報によって生じた損害については一切の責任を負いませんので予めご了承願います。